幾星霜

とてつもなくお久しぶりな気がするけどまぁ普通に1ヶ月ぶりなんですね。

本当に日々が早い、でも耐えるから長い、そんな日々が続きますね。

 

 

 

わたしたちが今、我慢していること|生物群|note

 

Twitterで一方的にフォローしている生物群さんがこういった文章を上げていた。

 

あぁ、私はこうやって寄り添う気持ちが皆無なので優しいことなんて言えやしないわけだけども、みんなそれぞれに苦労や我慢をしているかもしれない、元気でいて欲しいよなとやはり思う。

 

 

どうしているだろうか。

 

 

 

 

私は基本的には変わらない日々だ。

毎日職場に出勤していて、通勤に公共交通を使わないので出勤方法も変わりなく、仕事も大袈裟に減ったり増えたりすることもない。4月になったからといって異動があったわけでもなく、先輩や後輩が入れ替わることもない。

 

変わったことと言えばそれこそ結婚して住居が変わったくらいか。まぁそれもこの状況が本格的になる前の話である。

 

 

 

 

だから私は何も変わりない。問題ない。大丈夫だ、と、思っていた。

 

 

でも、そういう人だって、大丈夫じゃない。のだ。と、気付いたのだ。

いや、いまの世の中で我慢を1つもしていない人、状況が何も変わっていない人なんていないだろ。まぁ1億人の各々のことなんて分からないけど、私はここでそう定義させてもらう。

 

 

変わっていないわけないのだ。

 

ちょっと気にして手を洗うようになったり、消毒用のグッズなんかを買ってみたり、普段は何も気にせず買い物に行くところをなるべく回数を減らしたり、マスクの残り枚数が気になったり、普段より他人との物理的な距離感を気にしたり、なんてことない呟きを投稿するのに少し戸惑ったり、仕事で外に出るのになんだか後ろめたく思ったり……

 

 

数えきれない、少しずつの変化が、私の、私たちの気持ちを少しずつ削ってはいないか。

 

 

影響なんてない、私は全然大丈夫だと思うほど潰されていきそうで怖い。だからといって私より大変な人がたくさんいることも知っている。そういう人たちを慮りたい気持ちももちろんある。

 

 

行き場のない自分のマイナスな気持ちだけが溜まっていきそうでなんだか恐ろしいのだ。

 

 

もちろん楽しくやっている。

だが世の中の色々に勝手に疲弊してしまうばかりである。

流されてはいけない。自粛の中で自分の気持ちが終わってしまえばどうしようもないのだ。

 

 

そんなわけで毎日下へと引っ張られそうな気持ちをなんとか持ち上げながら過ごしている。

みんなは、どうしているかな。元気に過ごしてくれていたらそれでいい。

 

 

出来ないことが多く、そちらにばかり目が向いてしまうけど、今だから出来ることももしかしたらたくさんあるのかも、そう思うことにした。

とりあえず髪切りたい気持ちは、「髪切りたいの我慢選手権」を勝手に開催して乗り越えることにした。

 

 

f:id:mirumiru200:20200427014437j:image

 

こういう時に励ましていきたいし、何もためにならないようなくだらない会話をしたいね。

 

あまり世間に流されず、自分のペースで進んでいきたい。

 

 

 

p.s.

楽しいことも書こうとして忘れていた。

最近は「有吉の壁」がレギュラー化したことを知った(今更)

たまにちょろっと見るだけだったけど面白いことを知っていたので純粋に嬉しかった。早速どんどん更新される内容を見ては笑っている。

芸人さんに全く詳しくないので未だに誰がどのコンビとか分かっていなかったりもするが(マジか)それでも面白いのですごい。だって有吉が笑うだけで良いし……(良くはないが)

 

あとは、ここ最近完全コーヒー派だったのが、紅茶派に変わりそうだ。

夫の影響か、いや、でも別に合わせているつもりは無く、むしろ私はコーヒー飲むからと貫き通していたはずだが……

単純にずっと飲んでたら飽きてきたっぽい。ので、最近は紅茶飲むことが多いです。

 

あと、夫が元々タピオカミルクティーが好きらしく(コンビニのやつをよく飲んでいた)初めて2人で専門店のやつ飲んだら美味しすぎてコンビニのやつ飲んでも「あれを越えられない……」と言わせてしまっている。あーあ。肥えた舌は元には戻らないのだ。残念でした。

ということでまたお店が開いたら一緒に飲みましょうという話を何度もしている。

そこら辺の若者みたいで(多少時代遅れだがな、うるせえな)ウケている。

 

 

楽しいことももちろんあるのだ、それを良しとしない風潮が辛いのだ、と思う。

少なくとも身近な人とは楽しいことをきちんと楽しいと認識して共有していきたい。