愛おしいひと

映画「あの頃、君を追いかけた」を観た。

映画が良すぎて久しぶりに映画の感想だけを書く。
ネタはバラす前提なのでお願いします。

 

 

青春映画って少し苦手意識があって(でも観るけど)それは自分の青春と比べて少し苦い思いを感じてしまうからだと思うのだけど、この映画はいわゆる青春映画とは違う。


一言でいうと、キラキラしてない。全然。
主役2人も言ってたけど、嘘がない。もちろん映画なので作り物だけど、変に盛っていないからスッと入ってくる感じがする。

 

 


そして恋愛が成就しないのが良かった。結果的にはハッピーエンドなんだけどね。


お互いに好意があるのに付き合わないのがリアルだなーって。私、なんとなくの感覚だけど付き合うと少し嘘になるよなと思っているところがあるのと、恋は叶わないのが自然だと思っているところがあるから。
もちろん全部が全部そうとは思ってないけどね。私の感覚が一番幼稚かもしれんね…。

 

 

 


そしてこの映画、出演者に特別好きな人がいるからとか原作が好きだからとか監督が好きだからとかいう、よく私が思う理由ではなく、パッとポスタービジュアルみた途端に「これは良いでしょ」って思ったんだよねー。直感。
その直感が素晴らしく当たっていたのも良かった。

 

 


とはいえ、主役2人は元々なんだか気になる2人だったんだけど。

 


齋藤飛鳥は、元々、可愛いけどなんか好きになれなかったんだよなーー。何でだろうと考えたけどちょっと動きがノロそうだからかも、と映画を観た後に思った。

 


でも映画観て、めちゃめちゃ良かった。良かったんだよ。
齋藤飛鳥 as早瀬真愛は成績優秀で真面目ぶってる女の子だけど、私も真面目ぶってた人種だから真愛の考え方とか行動がよく分かった。


共感したのは、山田裕貴 as水島浩介が坊主にして来た後に笑いを堪えたいのに堪えられず割と長めに笑っちゃうとこ。
苦しかったのは、浩介がやってる格闘技について「なんで?」ってなってるとこ。

 


あと、真愛のすごいセリフで「浩介みたいに好いてくれる人はもういないかも」ってあるんですけど……これねー。
真愛の立場になると素直な感情でこれ言っちゃいがちだけど、浩介にしてみると「どうすりゃいいんだよ」ってなっちゃうからこれは言っちゃいかんよなって思うのは思った…。はぁ…。(自戒)
そういう、言葉を誤魔化さないところが好きなんですけどね。

 

 


山田裕貴はね、ほんと「山田~~、おまえ、良い奴だな…」ってなる。
吉沢さんと共演したあたりから思ってたけど良い奴。岸優太とはまた別のベクトルで良い奴。


何様という感じだけど、主演で報われて良かったなあと思う。
ただ顔はいつもあまり好みではないなあと思う(余談)

 

 

 


映画、去年フィルマークスに登録したあたりからじわじわと興味が出てきて、前よりは楽しめるようになってきた。
最近は映画館で観るのも好きになってきた。
前は苦手だったのかよという話ですが、そうです。別に前から1人でも行ってたけど、映画館は少し怖くて苦手だった。

 


あんまり食わず嫌いをせずに、観たいと思った映画は観てみようと思った。まだちょっと構えちゃうんだけど、少しずつでもね。

 

 

 


結局、この映画自体がとても素晴らしいのはもちろんなんだけど、いまこのタイミングの私が観たから妙にしっくり来たのだなぁと思った。


私がいま観るべき映画だったんだな。ココというタイミングで、コレという映画を観れることがなんと幸福なことか。
こんな体験がひとつでも多く出来ますように。

 

 

 


なんかここまで書いてきたけど言葉を尽くしたところでこの映画の良さはちゃんと伝わらないかもと思った。観てほしい。


青春なんて無かったよって人とか、青春はとっくに過ぎ去りましたけどって人にこそ沁みると思います。

 

 

映画『あの頃、君を追いかけた』公式サイト

 

 

f:id:mirumiru200:20181027020702j:image


主題歌「言えなかったこと/Thinking Dogs」を永遠に聴いてるよ。私はこういうところが分かりやすくて可愛いとおもう、知らんけど。