春の先駆け

やっと春らしさが見え始め、暖かい気候になってきましたね。うれしい。

 

しばらくブログに向き合えず、「書かなきゃ」という気持ちだけ先走っていましたがようやく少し気持ちが整理できてきました。

 

最近は“春のパン祭り”のごとく、“春のミス祭り”をひとりで勝手に開催してまして、マジでアホみたいなミスをしでかしまくっています。

いつも通りやってんのにミスしてて、しかもその時の記憶が無いとかね。恐ろしすぎる。

 

いくつものミスと、いくつもの「ミスのご報告です。申し訳ございません。」のメールと、いくつもの先輩の諭すような口調でのやり取りを経て、やっと自分でも考えてみようと思ったんですが(遅いよ)

結論としては「自分への期待値が高すぎる」ことが原因ではないかというところにたどり着きました。

 

4月になったら4年目を迎えるわけですが、だいたいの仕事は出来るようになってきて、何をやっても「自分なら出来るはずだ」という思考になってしまっている現状に気付いて。

 

同世代を見ていて、著しく成長しているなーと感じる人って「自分はまだまだ出来ていないな」って思っている人なんじゃないかと。

出来ていないと感じるから努力するし、より良く改善していきたいと思うし、今の自分と目指す自分を冷静に見ることができるのだろうな。

 

一方で私は「今の自分だったら普通にやってりゃそれなりに出来るわ」と思っている。

だから、これで大丈夫かな?という確認とか、一応先輩に相談してみたりとか、そういうところが抜けてくるんだと思うんですよね。

 

 

AKB48時代の大島優子秋元康さんに言われていたセリフが今でも残っている。

『お前は期待値が高いから、予想以上のものが生まれてこない』

 

当時聞いていて、すごい言葉だなーと思ってたんだけどいまいち意味は掴めていなくて。

いまも尚、ちゃんと掴めてはいないけど、「これって私のことじゃん」という感覚だけはあるのです。

 

予想以上どころか予想以下になっちゃってるからね。ほんと。いい加減にしろよっていう話なんですけれども。

初心にかえるというと少し違うのだけど、ほんと繰り返し繰り返しやっていくしかないなーと。

「完璧になる」なんて日はないわけで、どれだけキャリアがあろうと上の立場になろうと、基本的なことを淡々とやっていくしかないのだなと思うわけです。いま上の立場の人はそうやって淡々とやっている人たちなんだろうと。

 

悲観的な意味ではなくて、そうすることがうまくやっていくコツなのかなと思ったり。

でも、私は基本的なことが大嫌いなので、基本をすっ飛ばしてなんとなく応用できちゃうほうが楽しいからマジで勘弁だよなーと思ったり。

 

ほんと、まだまだ子どもやんけ食堂だよ。

 

 

で、こういうさ、「基本的なことが大事なんだよね」っていう建前的なことを言うから、自分の「マジでヤダ」という感情が行き場を失くしている。

やらなきゃいけないことばっかで、それで押し潰されかけて、もうやだ!って気持ちになるから適当になってミスとかしちゃうんだろうからさぁ

 

マジでヤダなーって思ったときは「いやほんとマジわかるわそれ。ほんとそうだよなー、やりたくない。じゃあさ、やらなくていいんじゃない?」って思うようにしてみよー、と思いました。

そうしたら「そっかー、やらないでいいか。でもやっぱりさ、やっとこうかな。ちゃんとやっておいた方がいい気がする。」って前向きに発展していくのではないか?という希望的観測ですが、どうでしょう。

 

ほんとに自分自身が一番手強くて、なんとかならんもんかねって思って奮闘する日々です。

 

 

 

休みの日もなんだかんだで会社にいたりしてね、もう、心のおっさんが「休みとはなんぞや!なんぞや!!」と叫んでいるわけなんですが。

ボイトレ月3レッスンなのに2ヶ月くらい行けていなくて、クセが強い先生から「早く会いたい」って3回くらい電話ありました。

ほんとにそうですねって思いながらも今日のレッスンをキャンセルしました。

 

んで丸一日休みがなくとも、少ない時間で心を回復させっぞ!と勇んで向かうのはカフェを併設している本屋。

ここ数年で気付いたのですが雑誌がマジで好きで。

 

よく読むのはGINZA、FRaU装苑、anan、NYLON JAPANとかなんですが(この辺がまとめて同じ棚に並べてある)

ほぼファッション誌だけど正直ファッションは参考にしていないです。手が出せないハイブランドとか、オフィスで着れない系が多いので。

 

それよりも、インタビュー記事とか、仕事に対しての向き合い方とか、生活についてとか、そういう内容にすごく惹かれます。

 

特に毎回読んでいるのはGINZAの岡村靖幸さんの結婚についての連載。ゲストに結婚とは何かっていうのを対談形式で聞いているのですがこれが毎回いいなーと思うことが多い。

あとGINZA自体、いいこと言ってんなー!っていう記事が毎号あるから最近気に入って読むようになりました。

 

そういうのをカフェスペースでコーヒー飲みながら読んだり、面倒な時は長時間立ち読みしたりして、その間は癒されるし自分を立て直すことのできる時間になっているなと思いますね。

 

でも逆にそのことに頼りすぎると「最近本屋行けてない!しんどい!」ってなるから、あくまで行ける時に行こうねっていう感じにしているんですけどね。やっぱり行ってみるといい時間だったなって、行く度に思えるからいいよね。

 

 

 

あと最近ツイートしたことで誤解があったので解いておきたいのですが、「オタクは話が早い、という気付き」→これは、褒め言葉です。

 

引っ掛かりを感じた人から複数リプライを貰って、誤解を招く言い方だったなぁと思ったんですね。

読み手側は「オタクは話すスピードが速い」と解釈していたのだけど、私としては『オタクは話の内容を理解するのが早い』という意味合いでした。

 

 

これは私の友人を見て思った内容のツイートで。

ジャニオタ兼ドルオタ(一緒か?)の友人がうちに泊まりに来た時に、私がひとこと言っただけでその言葉の意図するところをサッと理解してんなーと感じることがあってね。

 

「1を言えば10伝わるから、話が早くて助かるわー」という感謝の意です。

長くなるので詳細は控えますが、オタクはオタクへの理解が深いのだなぁという気付きを得ました。オタク最高よ。

オタクのように「あっ、そういうことね。了解。」という考え方をうまく使っていきたいな。

 

ちなみに、福岡の我が家に泊まったオタクは翌日仙台へと旅立ちました。フッ軽おばけじゃん。わかる。

 

 

あと最後に、最近初めて食べた韓国料理「タッカンマリ」のこと。

簡単に言うと鶏鍋なんですが、鶏のいろんな部位がごちゃごちゃ入ってんの。手羽先もあればモモ肉もあるし。

 

それでびっくりしてたら、「タッカンマリ」は韓国語で「鶏1羽」という意味だそうで。

鶏を1羽食べられる料理という意味で、だから丸々入っているのだということらしいです。

世の真理を知り、また賢くなってしまったね…。こういう、なるほど!っていう気付き楽しい…😊

 

 

ということでね、去年も言ったんですが、だるいのは春のせいだから!!!!

冬から春になる時は身体がしんどいんだって。早く寝るぞ!!!

 

 

 

おまけ:最近のお気に入りプレイリスト

SoundCloudでマイナーな曲を漁るのが超好き。

 

 

Naughty Boy by CICADA_JPN | Free Listening on SoundCloud

 

チャットモンチ―最強伝説mix by DJ Tani-Yama | Free Listening on SoundCloud

 

Shiggy Jr.-Baby I Love You (ヨロコビーフ DISCO EDIT) by DJ YOROKOBEEF(ヨロコビーフ) | Free Listening on SoundCloud

 

f:id:mirumiru200:20180226005347j:image

 

だいぶ前に買った、朝井さんの無駄に表紙だけが重厚なエッセイを読んでいます。中身はオクラの置物を人にあげたり肛門がマジでピンチだったりする話です。

 

あと、仕事用の鞄とキーケースとiPhoneケースを先週一気に変えました。

ケースは1年くらいだけど、鞄とキーケースは3年弱がんばりました。お疲れさまでした。