正しく生きること

こんばんは。新幹線に乗り、でんぱ組の曲を聴きながらこれを書いています。でんぱの曲が全部エモく聴こえる期になってしまってやばい。でんぱちゃんツアーおつかれさまでした。次は武道館ですねー!いつか武道館に!行きたい…!

 

昨日、ゆっくりお風呂に浸かりながらブログ更新しようと思っていたら姉と長電話をしてしまって結局そのまま寝てしまったのですが、そこで話したことが結構自分でも刺さることがあったのでまとめておきます。

姉の悩みや近況とかを聞きながらなぜか人生相談してたんですけど、(あくまでも私は7歳下の妹)姉は正しく生きようとしてしまうがゆえに自ら窮屈になって余計な悩みを抱えてしまっているんじゃないかな、と思って。

私もそうなんですけど、小さい頃からどちらかというと優等生として扱われてきて、それが故にいい子でいなければならないという思い方が今になってもしみついてしまっているんですよ。

けれど実際そういう人って別に優等生でもなんでもなくて。周りと比べて少し大人しかったり少し勉強ができたりしてきただけで、悪く言えば決まり通りにしか生きられない融通の効かない人間なんですよね。

私は高校生、社会人と経験していくうちに割と考え方が柔軟になってきて、今でこそ自分のことを不真面目だと自称できるようになったんですけど、根本は姉と同じなので痛いほど分かる。分かるんだけどいい子ちゃんは早いとこ抜け出さないとどんどん生きづらくなってくると思う。

 

いま、姉が抱えているのは「こうしなければいけないと思うけどその通りにできない。しなければと思えば思うほどできなくなる。」という悩みで、もうほんと頼むから早くいい子病を治してー!頼むー!と叫びたい。

一般論や常識で考えると「こうするべき」という見本のようなものって何にでもある、でも、自分がそう出来るかどうかは別なんですよ。

こうするべきだけど出来ない・やりたくない自分がいるのは当たり前じゃんって思うんですよね。正しさなんてひとつではないし、一般論なんて自分とかけ離れた正しさを追い求めて何になるんだって話なんですよ。

そういう話をつらつらとお説教(?)して終わりました。なんなんだ妹。にしても早く生きやすくなってほしいなと願っております。

それと、自分の中に多少なりとも黒い感情があるということを早く認められるようになれたら楽になるよねと思います。100%真っ白しろのおもいで生きていける人なんていないですよ。黒い思いがあって、それと向き合うことはつらいかもしれないけど、向き合えて初めて自分を許せるんじゃないかな。

 

姉の話を聞いて、自分もこういうとこあるよね~と思いながら、自分に言い聞かせるように話をしました。別にここに残す必要はないのだけど、頭の中を整理するために書いてみました。

長くなりました…。

f:id:mirumiru200:20170117220525j:image

今日途中下車したド田舎の写真。

おやすみなさい。