暮らしの中のちょっとしたこと

たとえ アイドルと付き合えなくたって 外車に乗れなくたって
君がここにいるなら 幸福な人生だろう

back number/日曜日

 


この歌をドライブで口ずさんでるアイドルが存在するのやばくないですか…?永瀬廉さんっていうんですけど…。

 

前回永瀬さんについて書いた記事がたくさんの方に読んでいただけているようで(当社比)素直にうれしいです。ありがとうございます。
熱量高めのものは内容は何にせよ読む側も楽しいよね~、平熱な感じが好みなのでいつもあえて抑えている節があるけどたまにはいいなぁと思ったし、久々に熱量高くしてくれたキンプリさんすげ~~ってなってる

 

それにしても、1人で勝手に楽しく盛り上がれる趣味を定期的に発掘するの上手すぎませんか?天才か?

そんなわけで引き続きキンプリさんの話題が多くなりますが適当に読んでいただけると助かります。

 

 

ところで冒頭に永瀬さんのおすすめ曲を載せましたが、私は好きな人がどんな曲を聴いているか知れるとどうやらかなり嬉しいらしい。

にのみ~さんもゲスト出演したラジオで最近よく聴くアーティストの名前を挙げていて(日食なつこさん)ぶち上がってしまったもんな。


自分と趣味が合うかどうかは関係なく、ただ好きな人がどんな曲を聴く感じなのかが分かって嬉しいというだけなんだけど。
私が定期的に聴いてる曲をブログに載せるのも、自分がされたら嬉しいからしてるのかもしれんと気付いてびっくりした~。多分そうだと思う。
おすすめした曲は別に聴いてくれなくていいんだけどね、逆に私は必ず聴きますが…。

だからたまに「いまこういう曲聴いてるで」みたいなことを教えてくれると必ず聴くしすぐハマるし(笑)ただただ個人的に嬉しいのでぜひよろしくお願いします。色んな曲を知れるのも楽しくて好きなので~~~

 

 

今回はちょっとしっかりとした重めの話を書こうとしていたのですが、こんな前書きになったので最近のトピックスを箇条書きすることにします。手抜きではないよ。サッセ。

 

・部屋を模様替えした

いまの家に3年暮らしてる中で初めて大掛かりな模様替えをしました。
ベッドの位置が気に食わなくなって移動したことで他の家具も移動せざるを得なくなったという感じ。

ベッドは今まで頭上にスペースがあったんだけどそれが不安になったから壁にくっつけてみた。前より寝起きは良くなった気がする…。

 

あとはベッドの下ってめちゃくちゃ汚れてますね!!!っていう。私のベッドはローベッドだから薄い板の上にマットレス直置きなんだけど、その板の下の汚いこと…。ベッドと壁のほんの少しの隙間もホコリやばいし…。これからは1年ごとに模様替えしようかなと思うくらい引きましたね、自分で。生活するとはこういうこと……

そしていま割と家をちゃんとしたいと思ってるところなのでちょいちょい収納とか改善していきたいと思っている。自分の生活って最低限毎日ちゃんと回ればいいからそれ以上の関心がなかったんだけど暮らしやすいほうがいいよねと思って。一応。

 

・ジャニショに行った

ジャニショ(ジャニーズショップ)に行きました。人生で2回目。
いやほんとすぐそこにあるのに興味が薄れてると行かないもんだよなと思って。

で、場所を博多と思い込んでたら天神だったというね。
わざわざ博多まで行って、電車の中で間違えたと気付いて、博多駅近くで鶏の唐揚げ&南蛮定食を食べてから天神に行きました。無駄足…。でも美味しかった…。


前は福岡に住んでいない時だったので道が分からなくて交通整理してたおっさんに道聞いたな~~とか思い返しながら向かいました。
行かないうちに3グループも新たにデビューしてんだもんなぁと思いながら一応ぐるっと回ってみた。

ジャニショは基本写真しか売ってないので写真を買って帰りました。
元々狙ってたのはオフショット風に他のメンバーと写ってたものだったんだけど、いざ実物を見てみるとMV撮影中のバチバチにキメてるソロ写真のほうに魅力を感じて自分で驚いた。
アイドルだからアイドルしてるところがやっぱりかっこよくて好きなんだろうね。

 

前ジャニショに行った時に買った嵐さんの写真を数億年ぶりに見てみたら、その時も二宮さんのバチクソキメたソロ写真をメインで買ってたから笑ってしまった。写真の好み変わってね~~~~~~~~!!!!!!!!(エコー)

 

 

タワレコ巡りをした

CDは基本ネットで注文するからお店に行くことって無いんだけど、華々しいデビューということで覗いてみました。巡りと言っても2店舗だけど。
どちらも若い子が群れててそうだよね~私らよりひと世代下よね~と思ったけど、まあ私は平野さんと同い年だし…?(謎のマウント)

 


・待ち受けを変えた

私は基本誰に見られてもいい画像にするんですよね、ロック画面もホーム画面も。
見たくも見せたくもないけど普通に見えるじゃんかスマホの画面って。
趣味丸出しにして見られた時に気まずい思いをしたくないし、いちいち突っ込まれるのが嫌なんだ。

 

だけど我慢できずジャニショで買った写真を並べて撮った写真(インスタのストーリーにあげた)をホーム画面に設定してしまいましたね…いやだって思いの外うまく撮れたし…

見られようもんなら悲鳴上げてしまう恐れがあるのでやばいんですが数日楽しんだらそのうち戻す…


ちなみにロック画面はちゃんと見せていい画像なんですけど、吉沢の写真集の中の吉沢の手とコーヒーカップの画像です。去年からずっとこれにしている。言わなければ誰も吉沢とは気付かないので最高。
さり気ないところで趣味欲を満たしていく派です。

 

 

 

では最後に最近聴いてる曲についてですが、「シンデレラガール」です。(出た)
シンデレラガールとカップリングの「Funk it up」をひたすら繰り返して聴いてます。


それでTwitterで、ジャニーズの曲を結婚式でかけたというツイートを見かけたので「うわ~~シンデレラガール流してえ~~」と思ったんですけど、流したい曲がすでにあるんだったと思い直しました。

 

かわいい子なんてさ この世の中に五万といるわけで やさしい子なんてさ この世の中に五万といる中でさ
あぁ なぜ ぼくは あなたを 選んだんだろう?
かっこいい人なんてさ この世の中に五万といるわけで やさしい人なんてさ この世の中に五万といる中でさ
あぁ なぜ ぼくを あなたは 選んだんだろう?

 

清竜人/ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング

 


いやこの歌詞から始まるんですけどもうダメでしょう、涙腺終わるでしょうこれは。
竜人さんの声はクセがあるので、もし結婚式で流すとしたらピアノ伴奏だけがいいです。
確実に泣く自信ある…

 

清 竜人 - ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング - YouTube

 


清竜人25のラストコンサートの最後にこの曲持ってきたのはズルすぎる。完璧かっつうの。

清 竜人25「ラスト♡コンサート@幕張メッセイベントホール」 ダイジェスト - YouTube

 

はあ、夜に記事あげようとしてたら寝落ちしてたので朝イチブログでした。

あ、そうだ、「バチェラー・ジャパン2」観てます。残ると予想した2人が残ってるのでニヤニヤしながら観ている。
金曜更新日が楽しみです。

 

 

f:id:mirumiru200:20180607081001j:plain

 

ヤフオクドームで野球観戦、なんと2度目の機会があり行ってきました。

今回も負けたけど最後逆転するんじゃないか!!っていうチャンスで盛り上がれたので楽しかったです。

 

写真は王貞治ミュージアムの天井。数字を3Dで配置する感じが面白くて。

いや~~~そろそろカープの試合観たいね!!!?交流戦キッついけどがんばんぞ!!!!

 

 

では梅雨だけど6月も楽しくいきましょう。

 

「だけどやっぱいざとなると帰したくない」と言われて真に受けたら沼にいた

今度デビューするジャニーズのグループ、King&Princeをザッと観た感想ですが、紫と見せかけての黒です。

 

 

…………と、軽く触れて終わりにしようと思っていたけどもうダメです。終了。片足突っ込んだら終わった。

 

担当カラー黒(正確には漆黒)こと永瀬廉さん。19歳。は???年下なんですが???

デビュー曲「シンデレラガール」の『だけどやっぱいざとなると帰した~~くない』の時の顔!!顔が顔すぎて色気爆弾な永瀬廉さん、年下とか正気か????????


もうこの際なので永瀬さんについて腰を据えて書きたいと思います。私も怖いですが付いてきてください。(?)

 


King&Prince(キンプリ)を知ったきっかけは、センターである平野紫耀さん。(名前はしょうと読む。初見じゃ読めへん…)
たまたま平野くんが出ていた「櫻井・有吉THE夜会」を観てしまいまして…。

 

そこで平野くんは「一人行動が出来ない」と話していて、例えば一人で洋服が買えない、外食が出来ない、映画が観れない…っていう話なんだけど、「一人だとどこみて映画観たらいいか分からない」というコメントに『正面だよ!!!!!』と総ツッコミされていたの、めっちゃ笑った。

 

そこで笑いながら「はぁ~~いや、平野くんみたいな一人行動できない人とは付き合えねえわ~~~」と思いながらも(すーーぐそういうこと言っちゃうのごめんな!)、面白い子がデビューするんだなと興味を持ったのでした。

 

 

そして先日のvs嵐
ジャニーズのグループとして初めて好きになったのは嵐で、いまや実家との距離感みたいになっているけど、vs嵐は休日に観るのにちょうどよくてたまにまとめて観ることもある。

以前相葉くんが「今度King&Princeがデビューするけど一度も会ったことがないからお会いしたい」と謎の低姿勢コメントをしていたこともあり、どんなもんか観てみようじゃんよという気持ちで軽率に観てしまったのが終わりの始まりだった。


vs嵐を観た直後は「紫…」という気持ちだった。担当カラー紫の岸優太さんが少し気になっていた。

岸くんはリーダーなんだけど、他のメンバーに「リーダーは岸くんだけどまだ仮です」とか「変わる可能性あります」とかいじられてた時に、本人も「そうなんですよね」みたいなスタンスでいたことにウケてしまい気に入ってしまった。
でも岸くんは私が好きになる系統の人ではないな~と新鮮な気持ちがあって、でもなんか気になるな~なんだかな~みたいな感じ。


そしてとにかくキンプリについて調べようと思い、デビュー曲である「シンデレラガール」を歌っていた歌番組を観たのだが、これがまさか沼への入り口だとは思っていなかった。

まず、アップで映る永瀬廉さんの顔。ここで「アッ、顔がいい」と気付く。
その直後、例の『だけどやっぱいざとなると帰した~~くない』だ。

 

この時の顔!!!!!!!!!!!顔ってか表情!!!!!!!!!!!!!!!!微笑んだあと、わざと目線逸らしただろお前!!!!!!!!!!!この!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

と、思いました。
それからは早いです。帰したくないと言われて真に受けたら沼に落っこちてしまっていた。


永瀬廉さんは顔が強くて華があるのでセンターでオラオラしてギラついててもいいような人なのに(カツンの亀さんやジャンプの山田くんみたいに)、それをしないでつなぎ役に徹してしまう器用すぎて不器用なところ、空気を読んで気を使いすぎちゃうから自身のキャラクターがいまいち掴みにくいところや、天才肌ではなく努力派で着実に1歩ずつ歩んできたことによって滲み出る安心感とか、なんか、うおーと思うポイントが色々出てきて…

 

簡単に言うと「顔がいいのに地味」というちょっと報われない感じにグッッッッッと来てしまいました。

 

メンバーから「顔面国宝!」といじられていたのを見た時には、好きになるの、また顔がいい男かよ!もうやめさせてもらうわ!!と思ったのですが、多分読んでるみなさんが一番思ってると思うよこればっかりは。

 

吉沢亮から始まる顔のいい男ブームはしばらく続きそうです。ジャニーズ全然関係ないけど、永瀬くん好きになったのは完全に吉沢亮の系譜です。

 

 

あと、普通の恋愛でもアイドルでも「してやられた!」と思うことで好きになったり気になり始めたりすることが多い。

永瀬廉さんで言えば、vs嵐を観ている最中は全く印象に残らなかったんですよ。あの綺麗な顔で出演していたのにも関わらず。

ただ、番組で印象に残った言葉を思い返してみると、それらのほとんどを永瀬さんが言っていたんですよね。うまく嵐先輩からのトスをメンバーに回してたり、メンバーのボケに突っ込んだり、説明役を買って出たり。
全然気付かなかったので「してやられたな~」と思いました。

 


そんなわけで、これからキンプリのみなさんを見守っていこうと思っているわけですが、デビューから応援することなんて初めてだからなんか怖いんだよな。怖くない????????

明日23日がCDデビュー日なので、怖がってないで祝福したいです!!!!!!!!ハイ!!!!!!!

 

デビューシングルは、どの種類を買うか迷っています。よろしくお願いします。


キンプリの話で終わってしまったけど、それ以外の近況はあまり言うことがないので以上で~~~~す。
みんな「シンデレラガール」を聴いてくれ~~~

 

f:id:mirumiru200:20180522082403j:image

 

帰したくないと言われたい湖畔の写真です。

(最近の写真が全然なくて引っ張り出してきた)

 

 

言葉の引っかかりが気になる夜は

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

テトラポットは登りませんがこんばんは

 

珍しくモヤモヤしてモヤモヤモヤモヤがずっと取れなくて、言いたいことを飲み込んだり流したりせず、ちゃんと言語化しておこうと思い、これを書いています。


何にそんなにモヤモヤしているのかというと、「言葉のひっかかり」について。

会社の人と話しているときに、引っかかりを感じる言葉がいくつかあるのです。いまパッと思いつくことで3つあって、古いものは3年前とかに言われたものだから根に持ちすぎかもしれんが言わせてほしい。

 


引っかかる言葉というのは、叱られている時に言われることが多い。

私はそもそも叱られるのが大嫌いだし、かなり頑固なので、善意だとしても言われたことを素直に受け止めるのに時間がかかるほうだ。
でも、叱られるときにはそれなりの内容を言われていることは納得できる。確かに私が出来ていなかったり分かっていなかったり、今のうちに治していたほうがいいよということを伝えてくれていることは分かるのだ。そうだよね、と理解することはできる。


ただ、ただ。
その時の余分な一言が許せないことが多いのだ。許せないというと言葉が過ぎるかもしれないが、これが「引っかかる」と感じることの要因になっている。


説明しても分からないので例を出します。
例えば、新社会人で髪色をかなり明るくしているとします。その人が勤めている会社が髪色は抑えたほうがいいという方針であれば、「髪色を暗い色に戻せ」と言われるのは理解できる。

まあ、私はそういう規則的なことは割とクソ喰らえと思う方だけど、パッと見の容姿で軽く見られるというのは実際にあることなので、自分の身を守るためにそうすることがベターだというのは分かるからだ。


でも、そこで一言
「それに、あなた明るい髪色似合ってないし」
と言われたとしたらどうか。

 

適当な例を出しただけで自分でキレているのだが、こういう一言にものすごく引っかかってしまう。それまで「申し訳ありません…」という気持ちだったのに瞬時に「てめえに言われたかねえわ」と思ってしまう。(口が悪い)

社会人として髪色は暗い方がいいという、この話の本質的な部分は分かるのに、この一言を言われた途端に引っかかって全て分からなくなってしまう。耳が閉じる。パタン。


こういう言葉をよく使う人がいて、そもそも私が悪いのは百も承知だが、言われる度にモヤモヤしてしまうのだ。

 

対処法としては、こういう言葉に引っかかるのはひとまず置いておき、言われている本質的な部分を理解して改善することだ、ということは分かってきた。

マリーアントワネット的に言えば、「叱られたくないのであれば改善すればいいじゃない」なのである。
以前と比べると、ただ落ち込んでいる時間というのは格段と減った。少しずつ切り替えられるようにはなってきている。改善することが双方にとって一番の良薬だと分かったからだ。

 

だがしかし、引っかかる問題は解決していない。子供っぽいようで申し訳ないが、引っかかるもんは引っかかるのだ。


少し冷静になって、上に出した例を元に考えてみると、主観的な意見で叱られる場合に引っかかることが多いのではないかと思った。

明るい髪色が似合うか似合わないかはただのてめえのご意見なのだ。(口が悪いのはご容赦ください)
それを持ち出されると、言いたいことは分かるけどもういいですとなる。閉店ガラガラ。

そもそも、似合う髪色にするべきというのは勝手な言いがかりだ。似合わない髪色にしたいと思う人もいるし、いや、そもそも似合ってるかどうかはてめえに聞いてねえっつーーーーのーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 


何が言いたいのか分からなくなってきた。

とにかく、言葉が引っかかることに苛立って相手にぶつけるのが馬鹿だということは分かった。
そこはふっと一呼吸おいて、「分かりました!改善します!ご指導ありがとうございます!」と受け止めるのが大人だ。

※あまりにも怒っているので勘違いされてしまいそうだが、上の話は例え話です。

 


そしてここまでの話をして気付いたのは、私は割と日常的に「てめえが言うな」「それをアンタが言うか?!!?、」みたいなことを思いがちかもしれないということ。


これは私が実際言われたことなのだが、髪が今より長くて、肩甲骨の下あたりまで伸びていた時のこと。

ショートカットの先輩に「髪が長いのって意味ある?」と言われた。その時は笑って流した(どうやら私は返事に困ると笑って流しがちだということが最近分かった)のだが、3年経っても覚えている。


ツイートもしていた。

 

 

まあショートカットのほうが洗うのも乾かすのもセットするのも楽だし、言いたいことは分からなくもない。
去年の夏ごろショートカットにしていたが、生活がとても楽だった。髪のことだけでなく、掃除も楽だし。

 

だがその先輩が、いまはまあまあな長さまで髪を伸ばしている。(当時の私よりは短いが)
その様子を見ながら、3年前の発言を思い出しては「どの口が言うか?」とエアーで問いかけている。

 

 

私があまり断定的な物言いをしないのは、この「てめえが言うな」を自らに一番厳しく課しているからなのだろうなーと思った。
ある意味逃げだしズルい。まあそうだよね。

 


でも、てめえが言うなと思われても、言わなければならないこともあるのだと知った。

自分が100%出来ているわけではないのに、自分より経験の浅い人に諭さなければいけない場面があった。
人を叱る時に一番自分の至らなさを思い知る気がする。

 

だから叱るつらさも少しだけ分かるようになったが、それはそれでこれはこれ。

余計な一言を言わないように自分がまず気を付けるぞ。

 


なんか長々書いたくせに何が言いたいのか分からない感じになってしまいましたが……


本来は毒舌なのにいい子演じてたらやばい。毒にまみれてしんでまう

 

機嫌よく生きるぞ!
(てめえが言うな of てめえが言うな)

 

 

 

P.S
これを書きながら適当に流していたラジオから「GWの予定は、吉沢亮似のイケメンと水族館デートをすることを妄想することです」と聞こえてきて最高だった。

 

f:id:mirumiru200:20180425012046j:image


そして、『JJ』6月号。

誌面版「ヨブンのこと」が読めます!がっつり対談6ページで最高!!私の大好きな「武道館」の一節が取り上げられていて嬉しかった。ファッションページを読むついでにでも読んでみてください。

 

春はつまらない

春ですね。もう何億回も言われているだろうけど、今年は桜咲いて散るのが早かったっすね…

 

桜の名所が近くにあるのだけど、桜まつりみたいなのの期間中にすでに葉桜になってて面白かった
葉桜でも桜にあやかってピクニックする人が溢れかえってましたけど。とかいう私も、美容院帰りに通りかかったお店で買った焼きたてのたこ焼きを葉桜の下で食べましたけど。めっちゃうまかったですけど。

 

春は人をつまらなくする
と、今年初めて思った。

なんかブログに書く題材は山のようにあるのに書き起こせない状態がしばらく続いてました、というか今もそうだし、雑な文体ですみません

他の人のブログも読み流す感じにしか読めなくて(ごめんね)春はがんばらない季節なのかもと感じているのでした

 


私、昔からスケジュールを決めることができなかったんです
できないというかしないというか。
某通信教育の教材も溜めるのが普通だったし、夏休みの宿題は8月末に片付けるものだったし…

でも、去年くらいから業務上でスケジュールを立てないといけなくなってきて、やだやだ~やりたくね~~と言いつつ強制的にやってみたら出来るようになってきた。すごい。


休みの日の予定も、前日にノリで組んで遅刻するみたいなことが多かったんですが(ひどい)
最近はいくつものタスクを組み合わせながら、かつ無理のない予定を立ててそれをスムーズにこなせるようになりました!!!!!!拍手
相当な成長だなーこれ、と他人事みたいに思っている。

 

今日は自分の用事2つと仕事の用事2つの計4つを上手いこと組み込んで、しかも唐突に頼まれた仕事の予定1つも組み込めている(今は人待ちの時間)


前どこかでショウサクライが休みの日は分刻みでスケジュール組むと言ってて、馬鹿なんじゃないの?って思っていたんですが今なら気持ちがわかる。
少ない休みにタスク詰め込むとこうなる。
私はさすがに分刻みではないし、食べるものまでキチッと決めるわけではないけど…

 

あと出来るようになりたいのはお金の管理かなー
いまもそれなりにはしてるけど、もうちょっと余裕持って回せるようになりたいね。あるだけ使うので厳しいところがあるのだけど、ここが出来たら結構いい人間になれる感じある。

 

 


こないだ美容院のお姉さんに“自分の髪に合う、洗い流さないトリートメントが無い問題”を相談してて色々アドバイスもらったんだけど、「こういうの好きなんですねー」って言われて「いや別に特に好きなわけじゃなくて、自分のコンプレックスな部分を解決するのが好きなんですよ」って言って、自分でそうなんだと思った


職業診断みたいなので『研究者』が合うと言われる意味がようやく分かってきた
コスメ全般に詳しいわけじゃなくて、髪の、しかも自分の髪質に合うものだけを探求したいんだよな
そのピンポイントに深い感じね、と分かりを得た

 

あと母と話していた時に「解決しない愚痴は嫌い!」とちょいキレたんだけど、それも自分でそうなんだと思ったんだよね

自分で口から出して気付くことが多い

 

母とはほとんど喧嘩したことないので、こういう言葉が出るのが自分のことながら珍しかった
愚痴っぽい言葉をこぼしてしまうほど迷う母が珍しく、心配だったのだけど、後から聞いてみると解決に向かっているっぽいので良かった


母と話すと「遺伝…」と思うことが多い、多いというかほとんどだけど

私がちょいキレたあとの母は「私だって自分のことながら珍しくて、サクサク進まないの嫌なんだけど、でも進まないんだもん」って言ってた。笑ってしまった。

 

 

 

f:id:mirumiru200:20180415171456j:plain

 

ソメイヨシノの葉桜に囲まれながら八重桜はブリブリに咲いてました

つまらない時はつまらないなりに生きたらいいし、野球は観に行った時に限ってつまらない…ということでもない(ヤフオクドームで野球観戦したけど眠くなる試合展開だった、中田翔は生で見ても中田翔だった)

 

4度目の春に

いま京都に向かう新幹線の中で書いています。


読んでいる人には特に何も伝わらないけど、こういう非日常の場所でブログを書くのが結構好きだったりしてね。
 
 
最近色々と考えることがあって(いつもか)つらつらと書きたいことはあるけどなんかそういう気分にもならず、、今回は軽めの話題を書くので気軽に読み流してくれい。
 
 
 
まずは新幹線の車中で読んだ、東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』のこと。
 
これは朝井さんのおすすめ本。
いや、おすすめしてたというか、この本のトリックを自分がラジオ上で用いていたのだけど。
え?それどういうこと?って思うじゃん?詳しくは本を読んでみてくれ!!!!
 
 
 
最近朝井さんの本をよく読んでいるせいか、性格悪い展開を想定して読んだら少し肩透かしを食らった気持ちになってしまった…。
 
ということで朝井さんと東野さんの違いを考えてみた。
 
 
朝井さん
登場人物に共感させてそして心のドス黒い部分をぐちゃぐちゃにしてくる。(最後にちゃんと救いはある。)
 
東野さん
いい意味で登場人物にあまり共感させない。第三者的な視点から書き、淡々とトリックを明かすイメージがある。(東野さんはミステリしか読んだことないけど)
 
 
どちらも読みやすいしどちらも好きだけど、朝井さんに慣れていると東野さんの書き方が新鮮に感じた。
 
そして、あぁ、別に共感しなくてもいいんだな、と安心したのだった。
 
 
 
ちなみにこの本のあらすじ
ある閉ざされた(と仮定した)雪の(降っている設定の)山荘に、劇団員7名が舞台稽古と称して集められる。その中で1人、また1人と消えていく…これは果たして芝居なのか、本当の殺人事件なのか?
疑心暗鬼になっていく様子が面白いミステリ。
 
前半は脱出ゲームぽさがあるのが個人的な推しポイント。
 
後からネットで感想検索すると「朝井さんのおすすめなので読みました」って人多かったよーーー朝井さーーーーん!!!!!
朝井さん、なんだかんだで影響力強いんだよな。
 
東野圭吾の、いい意味での淡白さが気に入って改めていいなぁと思った。
東野さんをまともに読んだのは「プラチナデータ」が初めてで、めっっちゃ興奮しながら読んだんだよな…はー、楽しいね。
 
 
 
この調子でよっさんの映画についても書くぞーー。
 
まずは『リバーズ・エッジ』。
一言で言うとしんどい。
 
若者ならではの閉塞感。別に何も辛いことはないんだけどなんか息苦しい。私たちが友情と見なしているもの・愛情と見なしているものはなんなのか…
友達とは何か?と考えてしまった。
 
 
主人公は「(感情などを)感じて生きていない人物」として書かれていたけど、学生時代は自分含めて周りの子もこんな子が多かったので特異なものとして描かれることに逆に違和感があった。
 
特に好きなわけでもない人と付き合ってみたり、特に信頼しているわけでもない人と友達になってみたり、でもいじめは許せなくて相手を庇ってみたり。普通にある。
 
 
観音崎くんという役が割とクズな男なんだけどなんか好きかもーと思ったら、よく見たら顔が良かったので、好みがブレないなと妙に感心した。
 
 
 
そして『レオン』。
 
派遣OLと、その会社の社長が入れ替わってしまい、社内でドタバタするコメディ。
分かりやすいコメディなんだけど、人生の学びもスッと入ってくるいい映画だった…。
 
楽しい映画はいいな!リバーズ・エッジの後だと特にしみじみ感じた。
 
よっさんはまじで性格のいい役で良かった。
よっさんだけ蚊帳の外になってるシーンがあるんだけど、蚊帳の外加減が愛しかった…はあ…よっさんは最高!
 
 
 
吉沢さん、次の公開は4月27日の『ママレード・ボーイ』です!!!!!!!!!
観てね!!!!!!!!よっさん金髪イケメンです!!!!!よっしゃ!!!!!
 
 
 
 
そんなわけで、冒頭では京都にいたけど、今は家でyamadaさんのキャスを聴きながら書いている。
 
 
最後に最近染みたJuice=Juiceの『GOAL~明日はあっちだよ』の歌詞を載せます。
 
 
 
「ゴールが見えた」と笑って!
 「ゴールじゃないよ」と笑って!
まだまだ探そうよ
信じていれば叶うって
君と青空に願って
ここまで来れたのよ
 
「ゴールはどこだ?」と泣いて
「ゴールは無いよ」と泣いて
見上げた雲の群れ
「明日はどこだ?」と悩んで
想い出ばかりを見てた
まだまだ行けるのに
 
答えなんか落ちてない交差点
Baby Baby
明日はどっちだろ?
明日も一緒だよ
明日は
あっちだよ
 
 

f:id:mirumiru200:20180331235208j:plain

 
アウターいらずのリュックの日に身軽さに感動して撮った。グレーの日。
暖かいのはいいね。まだ身体に馴染まないけど。
 
しんどい春、のらりくらりとかわしていこうね。無責任な発言であることを承知で言うけど、全部なんとかなる!
 
 

春の先駆け

やっと春らしさが見え始め、暖かい気候になってきましたね。うれしい。

 

しばらくブログに向き合えず、「書かなきゃ」という気持ちだけ先走っていましたがようやく少し気持ちが整理できてきました。

 

最近は“春のパン祭り”のごとく、“春のミス祭り”をひとりで勝手に開催してまして、マジでアホみたいなミスをしでかしまくっています。

いつも通りやってんのにミスしてて、しかもその時の記憶が無いとかね。恐ろしすぎる。

 

いくつものミスと、いくつもの「ミスのご報告です。申し訳ございません。」のメールと、いくつもの先輩の諭すような口調でのやり取りを経て、やっと自分でも考えてみようと思ったんですが(遅いよ)

結論としては「自分への期待値が高すぎる」ことが原因ではないかというところにたどり着きました。

 

4月になったら4年目を迎えるわけですが、だいたいの仕事は出来るようになってきて、何をやっても「自分なら出来るはずだ」という思考になってしまっている現状に気付いて。

 

同世代を見ていて、著しく成長しているなーと感じる人って「自分はまだまだ出来ていないな」って思っている人なんじゃないかと。

出来ていないと感じるから努力するし、より良く改善していきたいと思うし、今の自分と目指す自分を冷静に見ることができるのだろうな。

 

一方で私は「今の自分だったら普通にやってりゃそれなりに出来るわ」と思っている。

だから、これで大丈夫かな?という確認とか、一応先輩に相談してみたりとか、そういうところが抜けてくるんだと思うんですよね。

 

 

AKB48時代の大島優子秋元康さんに言われていたセリフが今でも残っている。

『お前は期待値が高いから、予想以上のものが生まれてこない』

 

当時聞いていて、すごい言葉だなーと思ってたんだけどいまいち意味は掴めていなくて。

いまも尚、ちゃんと掴めてはいないけど、「これって私のことじゃん」という感覚だけはあるのです。

 

予想以上どころか予想以下になっちゃってるからね。ほんと。いい加減にしろよっていう話なんですけれども。

初心にかえるというと少し違うのだけど、ほんと繰り返し繰り返しやっていくしかないなーと。

「完璧になる」なんて日はないわけで、どれだけキャリアがあろうと上の立場になろうと、基本的なことを淡々とやっていくしかないのだなと思うわけです。いま上の立場の人はそうやって淡々とやっている人たちなんだろうと。

 

悲観的な意味ではなくて、そうすることがうまくやっていくコツなのかなと思ったり。

でも、私は基本的なことが大嫌いなので、基本をすっ飛ばしてなんとなく応用できちゃうほうが楽しいからマジで勘弁だよなーと思ったり。

 

ほんと、まだまだ子どもやんけ食堂だよ。

 

 

で、こういうさ、「基本的なことが大事なんだよね」っていう建前的なことを言うから、自分の「マジでヤダ」という感情が行き場を失くしている。

やらなきゃいけないことばっかで、それで押し潰されかけて、もうやだ!って気持ちになるから適当になってミスとかしちゃうんだろうからさぁ

 

マジでヤダなーって思ったときは「いやほんとマジわかるわそれ。ほんとそうだよなー、やりたくない。じゃあさ、やらなくていいんじゃない?」って思うようにしてみよー、と思いました。

そうしたら「そっかー、やらないでいいか。でもやっぱりさ、やっとこうかな。ちゃんとやっておいた方がいい気がする。」って前向きに発展していくのではないか?という希望的観測ですが、どうでしょう。

 

ほんとに自分自身が一番手強くて、なんとかならんもんかねって思って奮闘する日々です。

 

 

 

休みの日もなんだかんだで会社にいたりしてね、もう、心のおっさんが「休みとはなんぞや!なんぞや!!」と叫んでいるわけなんですが。

ボイトレ月3レッスンなのに2ヶ月くらい行けていなくて、クセが強い先生から「早く会いたい」って3回くらい電話ありました。

ほんとにそうですねって思いながらも今日のレッスンをキャンセルしました。

 

んで丸一日休みがなくとも、少ない時間で心を回復させっぞ!と勇んで向かうのはカフェを併設している本屋。

ここ数年で気付いたのですが雑誌がマジで好きで。

 

よく読むのはGINZA、FRaU装苑、anan、NYLON JAPANとかなんですが(この辺がまとめて同じ棚に並べてある)

ほぼファッション誌だけど正直ファッションは参考にしていないです。手が出せないハイブランドとか、オフィスで着れない系が多いので。

 

それよりも、インタビュー記事とか、仕事に対しての向き合い方とか、生活についてとか、そういう内容にすごく惹かれます。

 

特に毎回読んでいるのはGINZAの岡村靖幸さんの結婚についての連載。ゲストに結婚とは何かっていうのを対談形式で聞いているのですがこれが毎回いいなーと思うことが多い。

あとGINZA自体、いいこと言ってんなー!っていう記事が毎号あるから最近気に入って読むようになりました。

 

そういうのをカフェスペースでコーヒー飲みながら読んだり、面倒な時は長時間立ち読みしたりして、その間は癒されるし自分を立て直すことのできる時間になっているなと思いますね。

 

でも逆にそのことに頼りすぎると「最近本屋行けてない!しんどい!」ってなるから、あくまで行ける時に行こうねっていう感じにしているんですけどね。やっぱり行ってみるといい時間だったなって、行く度に思えるからいいよね。

 

 

 

あと最近ツイートしたことで誤解があったので解いておきたいのですが、「オタクは話が早い、という気付き」→これは、褒め言葉です。

 

引っ掛かりを感じた人から複数リプライを貰って、誤解を招く言い方だったなぁと思ったんですね。

読み手側は「オタクは話すスピードが速い」と解釈していたのだけど、私としては『オタクは話の内容を理解するのが早い』という意味合いでした。

 

 

これは私の友人を見て思った内容のツイートで。

ジャニオタ兼ドルオタ(一緒か?)の友人がうちに泊まりに来た時に、私がひとこと言っただけでその言葉の意図するところをサッと理解してんなーと感じることがあってね。

 

「1を言えば10伝わるから、話が早くて助かるわー」という感謝の意です。

長くなるので詳細は控えますが、オタクはオタクへの理解が深いのだなぁという気付きを得ました。オタク最高よ。

オタクのように「あっ、そういうことね。了解。」という考え方をうまく使っていきたいな。

 

ちなみに、福岡の我が家に泊まったオタクは翌日仙台へと旅立ちました。フッ軽おばけじゃん。わかる。

 

 

あと最後に、最近初めて食べた韓国料理「タッカンマリ」のこと。

簡単に言うと鶏鍋なんですが、鶏のいろんな部位がごちゃごちゃ入ってんの。手羽先もあればモモ肉もあるし。

 

それでびっくりしてたら、「タッカンマリ」は韓国語で「鶏1羽」という意味だそうで。

鶏を1羽食べられる料理という意味で、だから丸々入っているのだということらしいです。

世の真理を知り、また賢くなってしまったね…。こういう、なるほど!っていう気付き楽しい…😊

 

 

ということでね、去年も言ったんですが、だるいのは春のせいだから!!!!

冬から春になる時は身体がしんどいんだって。早く寝るぞ!!!

 

 

 

おまけ:最近のお気に入りプレイリスト

SoundCloudでマイナーな曲を漁るのが超好き。

 

 

Naughty Boy by CICADA_JPN | Free Listening on SoundCloud

 

チャットモンチ―最強伝説mix by DJ Tani-Yama | Free Listening on SoundCloud

 

Shiggy Jr.-Baby I Love You (ヨロコビーフ DISCO EDIT) by DJ YOROKOBEEF(ヨロコビーフ) | Free Listening on SoundCloud

 

f:id:mirumiru200:20180226005347j:image

 

だいぶ前に買った、朝井さんの無駄に表紙だけが重厚なエッセイを読んでいます。中身はオクラの置物を人にあげたり肛門がマジでピンチだったりする話です。

 

あと、仕事用の鞄とキーケースとiPhoneケースを先週一気に変えました。

ケースは1年くらいだけど、鞄とキーケースは3年弱がんばりました。お疲れさまでした。

 

 

 

ロマンが足りないんじゃないか

いつの間にやら年が明けて、こんな時期になってしまいました。

今年もやっぞ!

 

最近は、生活が終わっています。

ゆっくりする時間があまり取れないこともあるのですが、休みの日も自分のことをほとんど考えられなくなっていますね。

 

習い事には行かず、自分が楽しむための買い物や外出が億劫になり、寝ることや食べることが特別に幸せということもなく、とりあえずぼーっとするような感じです。やばいかこれは?

 

新年からこんなんですが今年を乗り切れるのか。いや乗り切りたいでしょ。

 

あと、朝井リョウのことが予想以上に好きだったことに気付いた1月でした。

別に恋愛的に好きだったわけじゃなく人間性に興味を引かれていただけだったはずなのですが、妻発言による結婚疑惑で動揺がひどかったです。

 寝る前にギャーと叫ばないと気が収まらなかったですわ。マジ。つらぽょ。

 

 

あとは観たい映画がたくさんあったのに観れないうちに公開が終了するという有様。

今年は吉沢の映画ラッシュ(現時点で7本)なので、早く元気になって次の公開に備えたいですね。

 

言いたいことや考えることはいっぱいあるけど文章に起こせないので手抜きですが終わります。

例年通りだと2月半ばから少し落ち着くようになると思うのであともうちょっと駆け抜けます。オー

 

f:id:mirumiru200:20180131085151j:image