らしくなくてもいいかもね

セ~ェプテンバァ~~~~~セプテンバァア~~~~~~~~~~~~

©︎aiko


もう9月も終わりです。
あっという間〜。
毎月こういう話をするけど、毎月新鮮にあっという間なのすごい。というか感覚が馬鹿。

 

 


今月は前半怠けていたのか(もう覚えていないけど)、後半も後半になって「え、今月中にやることまだ全然終わってなくない…?」と気付いたのでした。遅いね。


最後の週にかなり詰め込んでがんばったおかげで無事に最終日を迎えることが出来ました。
久しぶりに自分で働きすぎじゃん?と思った週だった…。
にしても11月、12月に入るとこの倍速で日々が過ぎていくんだよな…あぁ…もう今から想像したくない。アーメン。


そのために10月は意外と勝負の月かもしれん。
冬を楽しく越すために秋をがんばります。
目指せ蟻とキリギリスの蟻🐜

 

 

 


最近、ようやく仕事のやりがいとか楽しさとかをしみじみと感じられるようになってきたなぁ。


新しい企画が立ち上がって、初めて一緒に仕事をする人とした打ち合わせが楽しくて。
とか言いつつその直前まで全然内容まとまらんくてやばくね?って言ってたし、新ジャンルだから全然わっかんね〜〜って毎日言ってるけど、それも含め楽しいんだよね。
楽しんでないで、はよ分かるようになれよって話なんすけど。

 

 

 


そして最近自分の今の仕事について考えていて。


今の仕事には有難いことに導かれるように就いたのだけど(というか他の選択肢が消えた)、気付かないうちにやりたいことの色々が叶っているなと。
例えば文章を書くことなんかがそうだけど、好きなことや得意なことがたくさんできている。
しかも、それらは好きだけど、どれか1つを極めたいとは思っていなかったので、料理のバイキングのように好きなものをちょっとずつさせてもらえるこの環境が本当に有難い。

 


で、これに気付くのに3年かかった。


最初は全部やらされる仕事だと思ってしまうから、楽しいもやりがいもクソもないわ状態に陥りがち。
案外、上司や先輩から信頼を得るのも時間がかかるもので。
いますごく仕事がしやすい状態になっていて、今まで何にも考えずにただがむしゃらに続けてきたことが今の自分に還元されていてうれし〜〜ー〜〜たのしー〜〜〜〜ーー大好き〜〜〜〜になった。

 

 


いい話をしました。

 

 

 


さてね、最近は「犯罪ですか、何罪ですか?雑誌買い過ぎ罪ですか?」状態。
©︎SPEC


って言ってみたもののまだ4冊でしたけど。
でもまだ欲しいのめっっちゃ出る〜〜やめ〜〜

 


吉沢さんもキンプリさんもカープさんもみんな揃いも揃ってピーク持ってくるもんだからさぁ、どうしてくれんの。


この歳で初めてSho-Comi買いましたけど。
私は雑誌買ったら目当てのページ以外も全部読む主義なのでちゃんと漫画も読みましたけど。


普通に面白かったよ。
少女漫画、だいたいパターンわかるから途中から読んでもすぐに内容が理解できるのすごい。


そんで目当てのよっさんDVD(付録)をまだ観ていませんけどね…

 

 

f:id:mirumiru200:20180930231109j:image


「意外と元気だね」
「そうだよ、意外と元気だよってことを伝えたくて電話したんだから」


っていうやり取りをした。私は元気らしい。


大好きな秋を楽しく生きていくぞ。

夏の定義

SHE IS SUMMERのミニアルバム「hair salon」めっちゃええですね……

 

 

特に「エンドロールの先を歩く」が好き…。

 

そんなふうにみんな誰かと恋をしていた
そしてまた、新しい誰かと恋に落ちる
全てが無くては出会えなかった
ありがとう、嫌だったことも全部

 

 

「ありがとう、嫌だったことも全部」のところで不覚にもジンと来ちゃった。

恋っていうか、人生全部そう。嫌だったことも全部よかったよね…Love…

 

 

 

SISの波がいまめっちゃ来てますが、なぜならライブに行ったから!

初めてライブに行けて、みこちゃんと少しだけど直接話すこともできて感激してしまった。嬉しかったよ~~~。

 

しかもSISとして初めての福岡ライブだったそうで、そのタイミングに立ち会えたことは本当に良かったと思っている。

 

ゲストのSIRUPも良かった!かっこよい。

私は男性のゆる関西弁が好きなんだと思った。SIRUPもそうだし、清竜人、濵田崇裕、永瀬廉などなど。まあ永瀬はゆるくはないか…(笑)

 

 

 

あと、SISのアーティストブック「HOW TO CATCH THE TIME」がライブの翌日に届いた。

 

これはクラウドファンディングで制作されたもの。もう達成したあとだったんだけど締め切りギリギリで知って、参加できてよかったー。

 

生まれてからこれまでについてのインタビューがあるんだけど、意外と自分と似たような経験があるんだと知って、人間の根幹の部分が似ているから惹かれるのかなぁと思った。

もちろん全く同じではないけれど、感覚の温度感が似ていてそれが心地良いなぁとおもう。

 

 

あと、福岡のライブにキーボード担当で来ていた及川創介さんがCICADAのキーボードの人だと知り、マジ!!!!?!!!?!?となった。

CICADAの曲も好きよ~~~。好きな物がまた繋がって嬉しい限りである。

 

 

 

本の中のエッセイも良くて、「時間の区別」と「夢が夢じゃ無くなる前に」が特に好き。

 

「時間の区別」は、仕事の時間と決められた中でも恋人のことを考えたり、逆にデート中に仕事について考えることもできるから、何かだけの時間だと決めつけて視野を狭くするのはもったいないという話。

 

確かに仕事のことだけを考えて仕事をして、それで上手くいくかというと、意外とそうでなかったりする。まぁ思考を飛ばしすぎて身が入ってないのはダメだけど。

もっと視野をひろーくもって自由に考えることが出来たらね、と思った。ほんと、視野とそれに伴う思考をもっともっと広くしたいんだよな…。

 

 

「夢が夢じゃ無くなる前に」は今の自分だからこその夢がある(自分はずっと変化し続けている…!)から、夢が夢であるうちに叶えてあげたいという話。

夢が叶うのはやっぱり嬉しいし、ひとつでも多くいまの夢を実現させていけたら幸せだよなー。私は叶わないけど見続ける夢のことも好きなのだけどね。

 

 

そうだ!!!!あと!!!!

アーティストブックと一緒に「とびきりのおしゃれして別れ話を midnight talk ver」の音源データを手に入れたのだけどこれがめちゃんこ良いのよーーーーーーーーーー!!!!

 

聴いたらすぐにベッドに寝転んでいる気分になれる。

やさしくやさしくアレンジしてあって、想像を遥かに超えてきて本当に本当によかった。

もともと、原曲はそこまでだったのだけど(いい曲なんだけどちょっとかわいこぶった女の子っぽいから苦手だった)このアレンジ好きだなー。

 

みこちゃん素敵なものをたくさんたくさんありがとう。アーティストブックの感想を長文で送るぞ!!!!!!!!

 

 

 

 

そんでさぁ、もう8月31日らしいですけど。早くない?こわいよもう。

 

仕事には月末ならではの業務があって、いつもはそれらを片付けていると月末が来たなぁと思うのだけど、今月はなんかスーーッとスライドして最終日にたどり着いた感じ。初めての感覚。

 

 

ようやく普段の夏らしい気温になったのに暦の上ではもう秋よ。

8月は夏なんてもんじゃなくて、熱中症を常に警戒する日々でしかなかったよ。

いくつ塩飴を買ったと思っているのか。

 

熱中症とか日焼けとか、太陽に対してずーっと警戒してたら夏が終わったなぁ。

結局かき氷は食べられていない。(専門店に行ったら60組待ちで心が折れた)

 

 

冬は「どんな冬にしたい?」「冬らしいことした?」みたいな会話全然ないのに、夏だと成立するのが不思議だね。

 

平成最後の夏だけど、いつの夏だって一度しかないわけで、それなりの自分の過ごし方が出来たからそれで良かったなぁと思ってる。みんなはどうですか。

 

 

 

最近映画を3本観たのでそれぞれ簡単に感想を書いて終わる。

 

銀魂2

・吉沢ーーーー!!!!おれだー!!!!!(登場シーンの立ち方がめちゃくちゃ好きで泣ける)

・吉沢沖田に雌豚にされる

・吉沢沖田に殺される

・ちょいちょい出てくる桂が素の岡田将生に見えてしまう(おもしろい)

柳楽優弥はすげぇ

・正直なところキャラでは土方が一番好き

・序盤の沖田土方のシーン、全私が沸く

・真剣なシーンもあるのに終始ニヤニヤしてしまう

・素晴らしきエンタメ

 

 

検察側の罪人

・話のスピードが早い

・多分半分くらいしか話が分かってない

・けれどその展開の早さが癖になる(映画を観た翌朝めっちゃ頭が冴えていた)

・とある伏線が私的に好み

・キムタクのダダ漏れな色気がすごい

・二宮 is 最高

・二宮のすごさを評判ではなく実体験で理解できた作品

・20代前半だろてめぇと言いたくなるほどの二宮の童顔加減

・二宮と吉高を隣に並べるとなぜあんなにもしっくり来るのか

・ベビーフェイス沖野とかいうキラーワード

・「検察側の罪人

 

 

カメラを止めるな!

・レイトショーでほぼ満席ってすごいな

・本当に何も前情報を入れずに観た

・そしたら普通にグロいシーンがあった

・終始構えていたので少し疲れてしまう

・たしかに映画の構成は面白い

・女の子の演技で少しトラウマになる

・観ながらイライラした箇所があるが、ラストに繋げるためかと思うとなるほどねと思う

・カメラ酔いするらしいのであんまり前すぎる席だと危険かも?

 

 

 

f:id:mirumiru200:20180831223545j:image

 

例の激混みかき氷屋さん。

かき氷食べたいね(まだ言う)

 

9月は少し涼しくなるだろうから、もうちょっと活発な感じで過ごせたらいいかな。ではまた。

 

 

満ち足りて夏

とうの昔に夏ですね。ものすごいくらいの夏です。

 


毎日なんとかやってますか?


普段から、久しぶりに連絡する人に「生きてるか~」と連絡することが多いけど、この暑さはガチの生存確認が必要。


くれぐれも体を大事にしていきましょう2018
夏!

 

 

 


さて、ブログ書こうと思いながらもなーーんかまとまらなかったので、軸にする話を決めるためにTwitterでアンケートを取りました。
今回は「夏にしたいこと」の票が多かったのでそんな感じでいきます。(いつもありがとう)

 

 

 


「夏にしたいこと」と言えるほど大々的なものは無いんですが、最近なんとなくやりたいな~~と思うことは大きく分けるとこの2つ。

 


1.野外で何かする


2.ゆっくりする

 


ざっくりすぎるからやる気ないのかよと言われてしまうので詳しく書きます。

 

 

 

 


1.野外で何かする


これは、最近見直している「5×10」(嵐のコンサートDVD ※会場は国立競技場)や、今年まだカープの試合を野外で観れていないことなどが大きく影響しています。

 

 


野外で何かしてえ~~~~~~


好きな音楽を聴きながらゆらゆらしたり、野球の試合で周りの応援の声を聞きながらのほほんとしたい。

 


なんかね、盛り上がらなくてもいいんすよ。「あはは~」くらいのテンションがいい。
必要以上のことは何も考えず、外で風に吹かれたい。(実際は想像の285倍生ぬるい風が吹いていると思うが。)

 

 

 

 

 

 


2.ゆっくりしたい


家でいくらでもゆっくりしろよと言われそうだがちょっと違う。


例えば美味しいかき氷を食べるためだけにお店に行って小一時間ぼーっとするとか、海辺に行ってただ海を眺めるとか。
あとは、すっごいラフな格好でお祭りに行って適当にりんご飴かじりながら散歩するとかね。りんご飴、なかなか噛めないからずーっと舐めてる人ですが。

 

 

 


2つとも、ゆっくりと過ごすことに楽しみを見出したいという希望。


最近の休みの日は予定を詰め込んだモン勝ちみたいな過ごし方をしていたので、ちょっと肩の力を抜いてみようかなと。

 

 


そんな希望を述べているところですが、明日から地獄の1週間に突入します。


連泊からの連泊のなかで体力使う仕事が重なり、先輩に「体調だけは気をつけて」と送り出されました。あざす…。
気持ちは楽にしつつ、やるべき事をやって帰還したいと思います。オー✊🏻

 

 

 


そして近況としては、好きなものが増えすぎて色んなものをつまみ食いしながら楽しく暮らしています。


吉沢さんのドラマは最高だし、カープはぶっちぎりで優勝しそうだし、れんれんはかわいいし、嵐の「夏疾風」は夏を感じるいい曲だし、濱田の声と喋り方が好きでラジオを聴きまくるし、ヨブンのことは相変わらず毎週聴いている。

 

 


あとは、今年も「夏休み子ども科学電話相談」が始まりましたね!
今のところ“ラッキーカブトムシ”の質問が最高ですが、明日31日の神回も待ち構えているのでワクワク。

 


昔生物で習ったことがちょいちょい出てきて「あ!聞いたことある…!!!」というなんとかゼミ状態の楽しさもあれば、子どもの発想や舌足らずの声に癒される効果もあり素晴らしい。
まだやってるし聴き逃し配信もあるのでぜひ聞いてみてね。

 

 

 

f:id:mirumiru200:20180730220552j:image

 

好きな果物ランキング(いま現在)

1位 みかん

2位 デコポン

3位 イチジク

 

からの、デラウェアは8位くらいかな…。

 

 


最後に竹内涼真に興奮する朝井さんとたかみなの様子をお届けしてお別れです。

 

0729ホントヨブンのこと#79「本編収録前のミナミーとアサイー」 by ニッポン放送 Nippon Broadcasting System | Free Listening on SoundCloud

 

 

 

知らないことからはじめよう

先週末に出かけたら、もう夏じゃんかっていう気温にびっくりして、夏服を今季初買いしました。


なんか、前より洋服選びが上手くなってきた気がする。
シンプルで、かつ、自分が着ていて嫌な感じのしない服がいいんだなと分かってきた。
職場で着るのがメインなので、自分が着てその場に存在していることに違和感がないことが一番であるな。

 


最近は以前に増してブログ熱が高く、色んなブログを読み漁って色んなブログの読者登録をしているので読者欄がえらいこっちゃになってきています。
日常のなんてことないことを素朴に綴っているものに惹かれることが多く、そんなブログをいくつか見つけたのでとても嬉しい。
そういうブログは、ひとつの記事が短くて更新頻度が高い。


私も、日々の気付きみたいなことを書き記していくスタイルにするのもいいなぁと思うようになってきた。
なってきたのはいいけど、実際やるかといったらまた別の問題なのですが…。


なんてことないことってすぐに忘れてしまうし、後から書こうとしても鮮度が落ちてしまうことが多いので、思ったことをすぐに簡単に残しておくのもいいかもしれない。要検討ですね。

 

 


さて、今回も書きたいことがいっぱいあるぞー。

 


まずは「Nのために」の話。ネタバレしますのでご注意。


Amazonプライムビデオで「Nのために」が配信されていて、あんだけしんどい作品なのになんかまた妙に気になってしまい、全話観ました。(多分これで2回目)


原作読んでドラマも観ていますが、何度この作品に触れても同じことを同じ場面で思いますね。
ただ、回を重ねるごとにその思うことに少しずつ深みが増してきているのが興味深かった。

 


1〜2話を観ていて思うのは「私の母親はまともな母親で本当に良かった」ということなんですけど、今回はそれに加えて、「まともなことは当たり前じゃないよなぁ、本当に感謝しないといけないなぁ」と、母親に感謝の気持ちが沸いてきた。
なんか、わたし、成長したな……って思いましたね…(しみじみ)

 

 


あとは、この作品は“成瀬・安藤論争”があるんですね。
主人公の希美は本当はどちらが好きだったのか、という話なんですけど。


わたしは前回観た時、「希美が成瀬くん好きなの分かるけどさぁ、明るい未来に進んでいく安藤と一緒にいたほうがよくないか?」と思っている節があったんですね。


でも今回観た時は「希美は成瀬にも安藤にも形は違えど愛はあった。ただ、一緒にいることで愛す相手が成瀬で、一緒にいないことで愛す相手が安藤だった、それだけなんだよな…」という感想に落ち着きました。

 


最後に一緒にいることを選ぶのは成瀬しか有り得なかったなと思った。
だって、安藤のことは守りたかったから。一緒にいないことが希美の守り方だったから。

 


なんだかんだで安藤が一番悲しい人だよなって思いましたね。
安藤は希美にとっても西崎にとっても希望だった。希望だったから守りたかった。
でも、黙って守られるほうの身になるとやっぱり疎外感を感じてしまうよなぁ…と。

 


相変わらず、ドラマを観ていると安藤の名前を一番呼んでしまいますね。
安藤いい奴なんだけどな~~~~~~~~安藤……。安藤は希望…。

 

 

 


そんな風に「Nのために」の熱がブチ上がっていた最中、湊かなえ特集の「ダ・ヴィンチ」が発売されまして…。買うしかないですよね。これは。


胸熱だったのは湊さん本人が“成瀬・安藤論争”に言及してくださっていたこと!!!!!!!!!!!!
ここだけでも買う価値アリですよマジで。この内容についてはダ・ヴィンチを買って読んでいただきたい。

 


ちなみにそこの記事の小見出し
『成瀬か安藤か
それは願いです』
とあって、、、
クゥ~~~~ッと唸りました。最高です(泣)

 

 


ダ・ヴィンチ」、内容が盛りだくさんすぎてまだ読めてないページがたくさんある。
取り急ぎ、湊さん関連のページを読みました。


いや~~ね、湊かなえ×高山一実の対談、良かった。
高山一実さん、好きなんですよね。憧れの作家である湊さんを横にして写ってましたが、めちゃくちゃ盛れててサイコーって思いました。


憧れの誰かに会う時に一番盛れている自分で会いたいよな。そのために私もがんばろうって思いました。

 

 

 


なんか、Nのためにを観てない人に全然優しくない内容になっちゃった。笑っちゃうけど笑っている場合じゃない。

 


…ということで、キンプリの話です!(ということで、ではない)

 

 


なんと初めてファンクラブというものに加入しました。してしまいました!!なんと!!なんとなんと!!


びっくりした~。好きなものは多いけど私は常に何のファンでもないと思っていて、それもあって特定のファンクラブに入ることはなかったのですがね。
いや、本当は、入りたかったけど実家にいるうちはそんな贅沢言えなかったし、ひとりになってからもそういうところにお金をかける勇気が無かったのよね。

 


入った理由としてはデビューコンサートに行きたかったから。行きたいというか、行けなくてもいいけどせめて応募はしたいなと思って。


みなさんご存知かもしれませんが、ジャニーズのコンサートはま~~~~あチケットが取れません!マジで!!!
ファンクラブでも取れないのに一般なら尚更です。嵐の一般チャレンジしたこともあるけどほぼほぼ無理ですね。

 


まあ、チケットが当たるかどうかは賭けみたいなもんだと思っています。運と巡り合わせというか。
だから絶対に行ってやる!と鼻息を荒くしている訳では無いですが、「デビューコンサートがあるならば行きたいな。行きたかったのに応募しないっていうのはちょっと嫌だな。」って思いがあったんですよ。そんな理由です。

 


で、キンプリさんのFC年会費は野口さん5人分なんですが、知った直後に「は?安くない?」と素で思って、そのことに動揺して(笑)
「いやいやいやいや、安いっていう感覚合ってる、??金銭感覚バカになってる????」って不安でした(笑)


なのでちょっと間を置いて考えて、「もしかしたら高いかもしれないし安いかもしれないけど今年1年はキンプリを好きでいたいな」と納得してから入金してきました。
一大決心よ~も~~~ほんとにね。

 


で、その3日後にデビューコンサート開催決定が発表されるわけですが、タイミング良すぎたね~😊


発表されて数十分後には応募完了してました。
ジャニーズ好きの友達にすら「はえーよ(笑)」と言われてしまいました。すみません。

 


7/10が結果発表です。未来のことですが確実に予言します。7/10の私はうるさいです。当たっても当たらなくてもうるさくします。
いつも通りの生ぬるい目で見過ごしてくださると有難いです。

 


そんな楽しい毎日ですね。


ブログに書きたいことを箇条書きしたら15個あったんだけど今日は3個しか消化できませんでした。
また近いうちに書きたいです👁

 

 

f:id:mirumiru200:20180623002657j:image

 

最近のお休みの日は、シルバーの靴を好んで履いてる。

 

夏至が過ぎて本格的に暑くなってきますね。夏至が大好きなので昨日はなんだかテンション高かったです。この夏も張り切っていくぞー。

 

暮らしの中のちょっとしたこと

たとえ アイドルと付き合えなくたって 外車に乗れなくたって
君がここにいるなら 幸福な人生だろう

back number/日曜日

 


この歌をドライブで口ずさんでるアイドルが存在するのやばくないですか…?永瀬廉さんっていうんですけど…。

 

前回永瀬さんについて書いた記事がたくさんの方に読んでいただけているようで(当社比)素直にうれしいです。ありがとうございます。
熱量高めのものは内容は何にせよ読む側も楽しいよね~、平熱な感じが好みなのでいつもあえて抑えている節があるけどたまにはいいなぁと思ったし、久々に熱量高くしてくれたキンプリさんすげ~~ってなってる

 

それにしても、1人で勝手に楽しく盛り上がれる趣味を定期的に発掘するの上手すぎませんか?天才か?

そんなわけで引き続きキンプリさんの話題が多くなりますが適当に読んでいただけると助かります。

 

 

ところで冒頭に永瀬さんのおすすめ曲を載せましたが、私は好きな人がどんな曲を聴いているか知れるとどうやらかなり嬉しいらしい。

にのみ~さんもゲスト出演したラジオで最近よく聴くアーティストの名前を挙げていて(日食なつこさん)ぶち上がってしまったもんな。


自分と趣味が合うかどうかは関係なく、ただ好きな人がどんな曲を聴く感じなのかが分かって嬉しいというだけなんだけど。
私が定期的に聴いてる曲をブログに載せるのも、自分がされたら嬉しいからしてるのかもしれんと気付いてびっくりした~。多分そうだと思う。
おすすめした曲は別に聴いてくれなくていいんだけどね、逆に私は必ず聴きますが…。

だからたまに「いまこういう曲聴いてるで」みたいなことを教えてくれると必ず聴くしすぐハマるし(笑)ただただ個人的に嬉しいのでぜひよろしくお願いします。色んな曲を知れるのも楽しくて好きなので~~~

 

 

今回はちょっとしっかりとした重めの話を書こうとしていたのですが、こんな前書きになったので最近のトピックスを箇条書きすることにします。手抜きではないよ。サッセ。

 

・部屋を模様替えした

いまの家に3年暮らしてる中で初めて大掛かりな模様替えをしました。
ベッドの位置が気に食わなくなって移動したことで他の家具も移動せざるを得なくなったという感じ。

ベッドは今まで頭上にスペースがあったんだけどそれが不安になったから壁にくっつけてみた。前より寝起きは良くなった気がする…。

 

あとはベッドの下ってめちゃくちゃ汚れてますね!!!っていう。私のベッドはローベッドだから薄い板の上にマットレス直置きなんだけど、その板の下の汚いこと…。ベッドと壁のほんの少しの隙間もホコリやばいし…。これからは1年ごとに模様替えしようかなと思うくらい引きましたね、自分で。生活するとはこういうこと……

そしていま割と家をちゃんとしたいと思ってるところなのでちょいちょい収納とか改善していきたいと思っている。自分の生活って最低限毎日ちゃんと回ればいいからそれ以上の関心がなかったんだけど暮らしやすいほうがいいよねと思って。一応。

 

・ジャニショに行った

ジャニショ(ジャニーズショップ)に行きました。人生で2回目。
いやほんとすぐそこにあるのに興味が薄れてると行かないもんだよなと思って。

で、場所を博多と思い込んでたら天神だったというね。
わざわざ博多まで行って、電車の中で間違えたと気付いて、博多駅近くで鶏の唐揚げ&南蛮定食を食べてから天神に行きました。無駄足…。でも美味しかった…。


前は福岡に住んでいない時だったので道が分からなくて交通整理してたおっさんに道聞いたな~~とか思い返しながら向かいました。
行かないうちに3グループも新たにデビューしてんだもんなぁと思いながら一応ぐるっと回ってみた。

ジャニショは基本写真しか売ってないので写真を買って帰りました。
元々狙ってたのはオフショット風に他のメンバーと写ってたものだったんだけど、いざ実物を見てみるとMV撮影中のバチバチにキメてるソロ写真のほうに魅力を感じて自分で驚いた。
アイドルだからアイドルしてるところがやっぱりかっこよくて好きなんだろうね。

 

前ジャニショに行った時に買った嵐さんの写真を数億年ぶりに見てみたら、その時も二宮さんのバチクソキメたソロ写真をメインで買ってたから笑ってしまった。写真の好み変わってね~~~~~~~~!!!!!!!!(エコー)

 

 

タワレコ巡りをした

CDは基本ネットで注文するからお店に行くことって無いんだけど、華々しいデビューということで覗いてみました。巡りと言っても2店舗だけど。
どちらも若い子が群れててそうだよね~私らよりひと世代下よね~と思ったけど、まあ私は平野さんと同い年だし…?(謎のマウント)

 


・待ち受けを変えた

私は基本誰に見られてもいい画像にするんですよね、ロック画面もホーム画面も。
見たくも見せたくもないけど普通に見えるじゃんかスマホの画面って。
趣味丸出しにして見られた時に気まずい思いをしたくないし、いちいち突っ込まれるのが嫌なんだ。

 

だけど我慢できずジャニショで買った写真を並べて撮った写真(インスタのストーリーにあげた)をホーム画面に設定してしまいましたね…いやだって思いの外うまく撮れたし…

見られようもんなら悲鳴上げてしまう恐れがあるのでやばいんですが数日楽しんだらそのうち戻す…


ちなみにロック画面はちゃんと見せていい画像なんですけど、吉沢の写真集の中の吉沢の手とコーヒーカップの画像です。去年からずっとこれにしている。言わなければ誰も吉沢とは気付かないので最高。
さり気ないところで趣味欲を満たしていく派です。

 

 

 

では最後に最近聴いてる曲についてですが、「シンデレラガール」です。(出た)
シンデレラガールとカップリングの「Funk it up」をひたすら繰り返して聴いてます。


それでTwitterで、ジャニーズの曲を結婚式でかけたというツイートを見かけたので「うわ~~シンデレラガール流してえ~~」と思ったんですけど、流したい曲がすでにあるんだったと思い直しました。

 

かわいい子なんてさ この世の中に五万といるわけで やさしい子なんてさ この世の中に五万といる中でさ
あぁ なぜ ぼくは あなたを 選んだんだろう?
かっこいい人なんてさ この世の中に五万といるわけで やさしい人なんてさ この世の中に五万といる中でさ
あぁ なぜ ぼくを あなたは 選んだんだろう?

 

清竜人/ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング

 


いやこの歌詞から始まるんですけどもうダメでしょう、涙腺終わるでしょうこれは。
竜人さんの声はクセがあるので、もし結婚式で流すとしたらピアノ伴奏だけがいいです。
確実に泣く自信ある…

 

清 竜人 - ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング - YouTube

 


清竜人25のラストコンサートの最後にこの曲持ってきたのはズルすぎる。完璧かっつうの。

清 竜人25「ラスト♡コンサート@幕張メッセイベントホール」 ダイジェスト - YouTube

 

はあ、夜に記事あげようとしてたら寝落ちしてたので朝イチブログでした。

あ、そうだ、「バチェラー・ジャパン2」観てます。残ると予想した2人が残ってるのでニヤニヤしながら観ている。
金曜更新日が楽しみです。

 

 

f:id:mirumiru200:20180607081001j:plain

 

ヤフオクドームで野球観戦、なんと2度目の機会があり行ってきました。

今回も負けたけど最後逆転するんじゃないか!!っていうチャンスで盛り上がれたので楽しかったです。

 

写真は王貞治ミュージアムの天井。数字を3Dで配置する感じが面白くて。

いや~~~そろそろカープの試合観たいね!!!?交流戦キッついけどがんばんぞ!!!!

 

 

では梅雨だけど6月も楽しくいきましょう。

 

「だけどやっぱいざとなると帰したくない」と言われて真に受けたら沼にいた

今度デビューするジャニーズのグループ、King&Princeをザッと観た感想ですが、紫と見せかけての黒です。

 

 

…………と、軽く触れて終わりにしようと思っていたけどもうダメです。終了。片足突っ込んだら終わった。

 

担当カラー黒(正確には漆黒)こと永瀬廉さん。19歳。は???年下なんですが???

デビュー曲「シンデレラガール」の『だけどやっぱいざとなると帰した~~くない』の時の顔!!顔が顔すぎて色気爆弾な永瀬廉さん、年下とか正気か????????


もうこの際なので永瀬さんについて腰を据えて書きたいと思います。私も怖いですが付いてきてください。(?)

 


King&Prince(キンプリ)を知ったきっかけは、センターである平野紫耀さん。(名前はしょうと読む。初見じゃ読めへん…)
たまたま平野くんが出ていた「櫻井・有吉THE夜会」を観てしまいまして…。

 

そこで平野くんは「一人行動が出来ない」と話していて、例えば一人で洋服が買えない、外食が出来ない、映画が観れない…っていう話なんだけど、「一人だとどこみて映画観たらいいか分からない」というコメントに『正面だよ!!!!!』と総ツッコミされていたの、めっちゃ笑った。

 

そこで笑いながら「はぁ~~いや、平野くんみたいな一人行動できない人とは付き合えねえわ~~~」と思いながらも(すーーぐそういうこと言っちゃうのごめんな!)、面白い子がデビューするんだなと興味を持ったのでした。

 

 

そして先日のvs嵐
ジャニーズのグループとして初めて好きになったのは嵐で、いまや実家との距離感みたいになっているけど、vs嵐は休日に観るのにちょうどよくてたまにまとめて観ることもある。

以前相葉くんが「今度King&Princeがデビューするけど一度も会ったことがないからお会いしたい」と謎の低姿勢コメントをしていたこともあり、どんなもんか観てみようじゃんよという気持ちで軽率に観てしまったのが終わりの始まりだった。


vs嵐を観た直後は「紫…」という気持ちだった。担当カラー紫の岸優太さんが少し気になっていた。

岸くんはリーダーなんだけど、他のメンバーに「リーダーは岸くんだけどまだ仮です」とか「変わる可能性あります」とかいじられてた時に、本人も「そうなんですよね」みたいなスタンスでいたことにウケてしまい気に入ってしまった。
でも岸くんは私が好きになる系統の人ではないな~と新鮮な気持ちがあって、でもなんか気になるな~なんだかな~みたいな感じ。


そしてとにかくキンプリについて調べようと思い、デビュー曲である「シンデレラガール」を歌っていた歌番組を観たのだが、これがまさか沼への入り口だとは思っていなかった。

まず、アップで映る永瀬廉さんの顔。ここで「アッ、顔がいい」と気付く。
その直後、例の『だけどやっぱいざとなると帰した~~くない』だ。

 

この時の顔!!!!!!!!!!!顔ってか表情!!!!!!!!!!!!!!!!微笑んだあと、わざと目線逸らしただろお前!!!!!!!!!!!この!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

と、思いました。
それからは早いです。帰したくないと言われて真に受けたら沼に落っこちてしまっていた。


永瀬廉さんは顔が強くて華があるのでセンターでオラオラしてギラついててもいいような人なのに(カツンの亀さんやジャンプの山田くんみたいに)、それをしないでつなぎ役に徹してしまう器用すぎて不器用なところ、空気を読んで気を使いすぎちゃうから自身のキャラクターがいまいち掴みにくいところや、天才肌ではなく努力派で着実に1歩ずつ歩んできたことによって滲み出る安心感とか、なんか、うおーと思うポイントが色々出てきて…

 

簡単に言うと「顔がいいのに地味」というちょっと報われない感じにグッッッッッと来てしまいました。

 

メンバーから「顔面国宝!」といじられていたのを見た時には、好きになるの、また顔がいい男かよ!もうやめさせてもらうわ!!と思ったのですが、多分読んでるみなさんが一番思ってると思うよこればっかりは。

 

吉沢亮から始まる顔のいい男ブームはしばらく続きそうです。ジャニーズ全然関係ないけど、永瀬くん好きになったのは完全に吉沢亮の系譜です。

 

 

あと、普通の恋愛でもアイドルでも「してやられた!」と思うことで好きになったり気になり始めたりすることが多い。

永瀬廉さんで言えば、vs嵐を観ている最中は全く印象に残らなかったんですよ。あの綺麗な顔で出演していたのにも関わらず。

ただ、番組で印象に残った言葉を思い返してみると、それらのほとんどを永瀬さんが言っていたんですよね。うまく嵐先輩からのトスをメンバーに回してたり、メンバーのボケに突っ込んだり、説明役を買って出たり。
全然気付かなかったので「してやられたな~」と思いました。

 


そんなわけで、これからキンプリのみなさんを見守っていこうと思っているわけですが、デビューから応援することなんて初めてだからなんか怖いんだよな。怖くない????????

明日23日がCDデビュー日なので、怖がってないで祝福したいです!!!!!!!!ハイ!!!!!!!

 

デビューシングルは、どの種類を買うか迷っています。よろしくお願いします。


キンプリの話で終わってしまったけど、それ以外の近況はあまり言うことがないので以上で~~~~す。
みんな「シンデレラガール」を聴いてくれ~~~

 

f:id:mirumiru200:20180522082403j:image

 

帰したくないと言われたい湖畔の写真です。

(最近の写真が全然なくて引っ張り出してきた)

 

 

言葉の引っかかりが気になる夜は

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

テトラポットは登りませんがこんばんは

 

珍しくモヤモヤしてモヤモヤモヤモヤがずっと取れなくて、言いたいことを飲み込んだり流したりせず、ちゃんと言語化しておこうと思い、これを書いています。


何にそんなにモヤモヤしているのかというと、「言葉のひっかかり」について。

会社の人と話しているときに、引っかかりを感じる言葉がいくつかあるのです。いまパッと思いつくことで3つあって、古いものは3年前とかに言われたものだから根に持ちすぎかもしれんが言わせてほしい。

 


引っかかる言葉というのは、叱られている時に言われることが多い。

私はそもそも叱られるのが大嫌いだし、かなり頑固なので、善意だとしても言われたことを素直に受け止めるのに時間がかかるほうだ。
でも、叱られるときにはそれなりの内容を言われていることは納得できる。確かに私が出来ていなかったり分かっていなかったり、今のうちに治していたほうがいいよということを伝えてくれていることは分かるのだ。そうだよね、と理解することはできる。


ただ、ただ。
その時の余分な一言が許せないことが多いのだ。許せないというと言葉が過ぎるかもしれないが、これが「引っかかる」と感じることの要因になっている。


説明しても分からないので例を出します。
例えば、新社会人で髪色をかなり明るくしているとします。その人が勤めている会社が髪色は抑えたほうがいいという方針であれば、「髪色を暗い色に戻せ」と言われるのは理解できる。

まあ、私はそういう規則的なことは割とクソ喰らえと思う方だけど、パッと見の容姿で軽く見られるというのは実際にあることなので、自分の身を守るためにそうすることがベターだというのは分かるからだ。


でも、そこで一言
「それに、あなた明るい髪色似合ってないし」
と言われたとしたらどうか。

 

適当な例を出しただけで自分でキレているのだが、こういう一言にものすごく引っかかってしまう。それまで「申し訳ありません…」という気持ちだったのに瞬時に「てめえに言われたかねえわ」と思ってしまう。(口が悪い)

社会人として髪色は暗い方がいいという、この話の本質的な部分は分かるのに、この一言を言われた途端に引っかかって全て分からなくなってしまう。耳が閉じる。パタン。


こういう言葉をよく使う人がいて、そもそも私が悪いのは百も承知だが、言われる度にモヤモヤしてしまうのだ。

 

対処法としては、こういう言葉に引っかかるのはひとまず置いておき、言われている本質的な部分を理解して改善することだ、ということは分かってきた。

マリーアントワネット的に言えば、「叱られたくないのであれば改善すればいいじゃない」なのである。
以前と比べると、ただ落ち込んでいる時間というのは格段と減った。少しずつ切り替えられるようにはなってきている。改善することが双方にとって一番の良薬だと分かったからだ。

 

だがしかし、引っかかる問題は解決していない。子供っぽいようで申し訳ないが、引っかかるもんは引っかかるのだ。


少し冷静になって、上に出した例を元に考えてみると、主観的な意見で叱られる場合に引っかかることが多いのではないかと思った。

明るい髪色が似合うか似合わないかはただのてめえのご意見なのだ。(口が悪いのはご容赦ください)
それを持ち出されると、言いたいことは分かるけどもういいですとなる。閉店ガラガラ。

そもそも、似合う髪色にするべきというのは勝手な言いがかりだ。似合わない髪色にしたいと思う人もいるし、いや、そもそも似合ってるかどうかはてめえに聞いてねえっつーーーーのーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 


何が言いたいのか分からなくなってきた。

とにかく、言葉が引っかかることに苛立って相手にぶつけるのが馬鹿だということは分かった。
そこはふっと一呼吸おいて、「分かりました!改善します!ご指導ありがとうございます!」と受け止めるのが大人だ。

※あまりにも怒っているので勘違いされてしまいそうだが、上の話は例え話です。

 


そしてここまでの話をして気付いたのは、私は割と日常的に「てめえが言うな」「それをアンタが言うか?!!?、」みたいなことを思いがちかもしれないということ。


これは私が実際言われたことなのだが、髪が今より長くて、肩甲骨の下あたりまで伸びていた時のこと。

ショートカットの先輩に「髪が長いのって意味ある?」と言われた。その時は笑って流した(どうやら私は返事に困ると笑って流しがちだということが最近分かった)のだが、3年経っても覚えている。


ツイートもしていた。

 

 

まあショートカットのほうが洗うのも乾かすのもセットするのも楽だし、言いたいことは分からなくもない。
去年の夏ごろショートカットにしていたが、生活がとても楽だった。髪のことだけでなく、掃除も楽だし。

 

だがその先輩が、いまはまあまあな長さまで髪を伸ばしている。(当時の私よりは短いが)
その様子を見ながら、3年前の発言を思い出しては「どの口が言うか?」とエアーで問いかけている。

 

 

私があまり断定的な物言いをしないのは、この「てめえが言うな」を自らに一番厳しく課しているからなのだろうなーと思った。
ある意味逃げだしズルい。まあそうだよね。

 


でも、てめえが言うなと思われても、言わなければならないこともあるのだと知った。

自分が100%出来ているわけではないのに、自分より経験の浅い人に諭さなければいけない場面があった。
人を叱る時に一番自分の至らなさを思い知る気がする。

 

だから叱るつらさも少しだけ分かるようになったが、それはそれでこれはこれ。

余計な一言を言わないように自分がまず気を付けるぞ。

 


なんか長々書いたくせに何が言いたいのか分からない感じになってしまいましたが……


本来は毒舌なのにいい子演じてたらやばい。毒にまみれてしんでまう

 

機嫌よく生きるぞ!
(てめえが言うな of てめえが言うな)

 

 

 

P.S
これを書きながら適当に流していたラジオから「GWの予定は、吉沢亮似のイケメンと水族館デートをすることを妄想することです」と聞こえてきて最高だった。

 

f:id:mirumiru200:20180425012046j:image


そして、『JJ』6月号。

誌面版「ヨブンのこと」が読めます!がっつり対談6ページで最高!!私の大好きな「武道館」の一節が取り上げられていて嬉しかった。ファッションページを読むついでにでも読んでみてください。